アップライトピアノいくらで売れる?買取相場を知りたい

ピアノって部屋に置いてあるとけっこう場所をとります。
弾く機会があるなら場所をとっても気になりませんが、
あまり弾く機会がなくなってしまうと、場所塞ぎで邪魔な存在になりがちです。

こういった眠っているピアノ、いわゆる「休眠ピアノ」は
国内で普及しているピアノの約7割にものぼります。

ちなみに所有している鍵盤楽器の種類別統計では、約42%がアップライトピアノ、
約32%が電子ピアノ、エレクトーンを含むキーボードなどが約14%、
グランドピアノが10%という割合です。

所有している鍵盤楽器の種類別統計

こういった統計からみると【弾く機会のないピアノ】【休眠ピアノ】の多くは
アップライトピアノであるといっていいでしょう。
購入時の価格はグランドピアノよりは安い場合が多いですが、
それでも安くても30万円以上、高いものなら60~100万円といったアップライトピアノも少なくありません。

こういった高価なピアノを売るなら、できるだけ高く売りたいと誰もが思いますよね。
アップライトピアノの売却を考えた時、どのくらいの価格で売れるものなのか?
ピアノ引き取り価格、アップライトピアノを売る相場、
ピアノ買取相場を知るにはどういった方法があるのでしょうか?

アップライトピアノを売る相場ならピアノ買取一括査定で!

さてアップライトピアノの買取価格を知るには?
ピアノ買取店で査定をしてもらえば、いくらで買い取ってもらえるのかわかります。

しかしこれってひとつのお店の買取価格であって、買取相場とはいえません。
30万円で購入したピアノを2万円で買取ります。といわれたなら素直に納得できますか?
他のお店でならもっと高く買い取ってくれるかもしれません。つまり相場が知りたいわけですね。

では他のお店にも査定してもらいましょう。今度は1万円の査定額。
やっぱり最初の店で売れば良かった・・・。でももう断ってしまったし。
じゃあさらに他の店に査定してもらって・・・。
う~んでもちょっと手間がかかりますね。忙しいしそんなに時間も手間もかけていられない。

ピアノ買取査定を1社づつに依頼すると、こういった状況になりがちです。
結局安い買取業者に売ってしまうということも少なくないでしょう。

そこでピアノ買取一括査定です。
一度の査定申し込みで複数のピアノ買取業者に対して査定依頼が可能。
それら複数の業者の査定価格を比較検討することができます。
つまりあなたのアップライトピアノの買取相場を知るのに最適の方法といえます。

アップライトピアノに限らず、グランドピアノはもちろん、電子ピアノを取り扱っている業者も登録しています。ピアノ買取 相場を知るためにはピアノ買取一括査定がおすすめです。

その前に古いアップライトピアノは売れるのか?中古相場は?

うちのアップライトピアノは結構古いもの。
子供の頃に買ってもらったものだから、もう40年ぐらい前のピアノ。
弾かなくなってから結構時間が経ってしまったので、調律もしていないし・・・・。
こういった古いピアノは買取してもらえるのか?
もしかしたらアンティークピアノとして高く買い取ってもらえるのでは?

アップライトピアノかグランドピアノかに関わらず、
残念ながら新しいもののほうが、高く売れる傾向にあります。
というのもピアノのパーツは消耗品といえる性質のものが多く、
経年によってこれらを交換、調整する必要が出てくるためです。

古いアップライトピアノで買取対応可能といえるボーダーラインはおよそ40年前ぐらいまで。
これ以上古いものだと、かなり大幅なパーツ交換・調整などのメンテナンスが必要となってきます。

アップライトピアノ中古相場は、中古グランドピアノよりも安め。
そして当然ながら新品アップライトピアノよりも安め。
ピアノ買取業者は40年以上前の古いアップライトピアノを買い取って
大幅なメンテナンスを行ってしまうと、
中古アップライトピアノとして売る際に採算が取れないためです。

さらに、これ以上古いピアノでは2ペダルのものも存在します。
現在のピアノでは3ペダルが主流となっていて、2ペダルのピアノは需要が少なく
買取対象となっていない場合がほとんどです。

そして例外として、40年以上前のものでも、戦前(太平洋戦争よりも前)のピアノなど、
極端に古いものだといわゆるアンティークピアノといった部類に入り、
市場価値も上がるので買取が可能となるケースもあります。

キズや汚れのあるアップライトピアノは買取可能か?

長期間に渡って部屋に置かれていた古いアップライトピアノでは、上に物を置かれたり、なにかをこぼしてしまったりして傷や汚れがあるというケースもあります。 こういったピアノでは価値が低くなり、買取ができないのでは?と思われる方も多いでしょう。 しかし、よほどの大きなキズや汚れでないかぎり、ピアノ買取での買取は可能な場合がほとんどです。

というのもピアノ買取業者が買取ったピアノは、ある一定のメンテナンスを行ってから中古ピアノとして販売されます。本体にキズや汚れがある場合には、表面を磨いて傷や汚れを落としてから売るわけです。このメンテナンスにかかるコストと販売価格を踏まえた上で、買取価格が決定されるため、多少の傷や汚れがあっても問題なく買取ができるというわけです。

ただ、表面的な傷や汚れではないもの。水没や火災などによる損傷や、湿度や虫などを原因とした木部や内部の腐食については、メンテナンスにコストがかかりすぎるため、買取ができないケースもあります。

調律はしていなくても問題ない

よく弾いているピアノでは調律も定期的に行っていて、音程もしっかりと合っている場合が多いですが、あまり弾かなくなると安くても1回で5,000円~10,000円程度は費用がかかる調律も怠りがちです。
調律していないピアノは買取ってくれるのか?これは問題なく買取可能です。

買取業者がピアノを買い取った後、中古として売るには調律を必ず行います。
単に調律が狂っているだけなら、この時点でしっかりと調律できるので、
ピアノ買取においては調律をしていないピアノでも問題ありません。

ヤマハのアップライトピアノは買取価格がつきやすい?

日本で初めてピアノを製作したメーカーであるヤマハは、80年代には海外の老舗ピアノメーカーをおさえて世界シェアナンバーワンにまで登りつめ、国内だけではなく世界的なピアノメーカーと言っても良い存在となりました。

国内で最も一般的なピアノといえるヤマハのアップライトピアノ。ヤマハピアノはピアノ買取においても楽器としてのクオリティはもちろん、そのブランドイメージから国内外ともに需要が高く、国内メーカーの中では最も買取価格がつきやすいメーカーであるといえます。

そのほか現在もピアノを製造している国内メーカーとして、カワイや東洋ピアノなどがありますが、これらのメーカーのピアノも買取は可能なものの、ヤマハよりは買取価格が低めになってしまうのが現状です。